【マクドナルドの原価】高級路線を取り入れつつも低価格も外さないマックの戦略

ハンバーガーと言えば、やっぱりマクドナルドと言うことになります。

単純な高級路線に走って低迷しているモスバーガーと反対に、低価格戦略だったはずのマクドナルドが好調です。

高級路線も抑えつつ、低価格戦略も外さないと言うマクドナルドの実際を見てみましょう。

 

スポンサーリンク





 

マクドナルドの高級路線

ハンバーガーの原価が1個60円だと言うのに、ハンバーガーを65円で売っていた、超々薄利多売戦略だったマクドナルド

頑張ったけれど破綻して、経営者が変わってしまいました。

リニューアル前のマクドナルド

日本マクドナルドの前社長、原田 泳幸氏は、ソニー、ベネッセ、アップルなどの社長を歴任してきた方だと言います。

単価を上げて、売り上げを上げてきましたが、結局マクドナルドは売上低迷しました。

マックのハンバーガーはまずいけれど、商売はうまい、と言われたのは昔の話。

ハンバーガーもまずくて、商売もまずい、になってしまっていました。

13年間の社長の座を明け渡すこととなった。

 

2013年に、アメリカマクドナルドの社長の懐刀と言われた、サラ・カサノバ氏が日本マクドナルド社長に就任しました。

翌年、2014年は中国の協力工場が期限切れの鶏肉を使用していた問題が発覚して、いまだかつてないほどの売り上げの低迷に。

ただ、サラ・カサノバはここで死ななかったのがすごい。

高級感のあるマクドナルドの店舗

主力商品のハンバーガーにテコ入れして、世界中で日本だけ特別なパンズに変更した。

その上で、高級路線を展開した。

マックの高級路線のハンバーガー

 

中身もしっかり野菜が入っている。

ベーコンも厚い!

これくらいしっかりしていると食べ応えがある。

マックの高級ハンバーガー

 

コーヒーも、総入れ替え。

「マックカフェ」と言う言葉を作って、まずいコーヒーを一新。

マックのコーヒー

 

コーヒーだけではなく、カフェラテなどのメニューも飲めるようになりました。

マックのカフェラテ

 

商品のリニューアルだけじゃない所がまたすごい。

お店も従来の「黄色と黒」を基調とした安いイメージの店舗から、「茶色と黒」を基調とした落ち着いた印象のお店に改装していった。

いまでは、こんな感じです。

マックの店舗

 

もう以前の「安っぽいマック」はどこにもありません。

商品を変え、お店を変えたので、言うならば別のお店です。

生まれ変わったのだと言えます。

マクドナルドは、V字回復で業績を回復していきました。

 

 

高級路線で失敗したモスバーガー

高級路線で、健康的なハンバーガーを維持するあまり、フランチャイズを切ったモスバーガー。

店舗数を大きく減らしました。

モスバーガーのマルデピザ

また、マクドナルド低迷の時に、値上げを断行!

しかも2度。

 

メニューの9割を値上げました。

減った店舗と客離れが進むお店の売り上げを何とかするために、単価を上げてきたモスバーガー。

そろそろ破綻が目のためだとうわさされています。

 

だって、最新のハンバーガーって「マルデピザ」ですよ。

モスバーガーの新メニューマルデピザ

ハンバーガーを食べに来た人に「ピザ」って・・・

もう、何もかも全てが終わっています。

 

「単に高いだけ」になりつつあるモスバーガー。

 

 

モスとマックは何が違うのか

「単に高いだけ」となりつつあるモスバーガー。

一方で、商品一新。

パンなど日本専用に特別に日本人が好きなふかふかのパンを開発したマクドナルド。

当然商品単価は上がっています。

実際、セットメニューなど以前はワンコイン(500円)で買えるメニューがありましたが、最近ではクーポンを使っても600円くらいです。

 

チキンタルタセットやキチンタツタセットは580円。

クーポンを使っても530円。

 

グランクラブハウスセットは790円です。

クーポンを使っても740円。

 

グランベーコンチーズセットは690円。

クーポンを使って640円。

マックの高級路線のハンバーガー

ベーコンも厚い。

マックの高級ハンバーガー

 

一見すると、モスと同じ道を進んでいるように見えるけれど・・・マックの凄いところは、低価格商品も残していること。

 

100円マックとして、ハンバーガーが残っているのです。

マックはハンバーガー100円

ハンバーガー100円、コーヒー100円。

合計で200円です。

やっす!

 

100円ハンバーガーのパンもふかふかパンです。

100円のマックのハンバーガー

高級メニューとの違いは、具です。

分かりやすい。

 

ハンバーグ部分は同じ?

新しい?

筆者のバカ舌では分かりませんでした^^;

ハンバーグは今までと同じ

実際100円のハンバーガーを食べても全然不満を感じない。

 

コーヒーは少し酸味のあるコーヒーです。

これがいわゆる「コーヒーのサードウェーブ」と言うやつでしょうか?

最近の流行は、少し酸味のあるコーヒーなのだとか。

 

ただ、メニューに「ハンバーガー」は載っているけれど、他のメニューのように写真はありません。

文字だけです。

載ってはあるけれど、写真を見て決める人は選ばないのです。

 

モスバーガーのように高級路線を進むマクドナルド。

一方で、安い商品をなくしていない。

 

モスバーガーは高級路線をキープだけれど、商品がダメダメになりつつあります。

 

以前のイメージが逆転しつつあるマクドナルドとモスバーガー。

これからもチェックしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク





コメントを残す