エステの原価|不況時も儲かり続けるのは○○があるから

不況時も需要の低下がほとんどなく、不景気知らずでキープするエステ業界。

脱毛エステ、痩身エステ、美顔エステ、メンズエステなどもあります。

人気の秘密は「きれいになりたい」と言う向上心。

その原価を大暴露します!

スポンサーリンク





全国にあるエステサロン

今やエステサロンは美容院のように全国にあります。

エステサロンの原価

存在しない県がないほどたくさんのお店があり、いろいろなサービスがあります。

⇒ 【近所のエステサロンを探してみる】人気のサロンをお得に予約!【楽天ビューティ】

脱毛エステ

身体の一部、もしくは全身の脱毛を目的としたエステです。

鼻下やあご、乳輪回り、ビキニライン、へそ回り、ひざ、手の甲、背中、お腹、ヒップ回り、首の後ろ・・・色々な専門的な部位があります。

脱毛エステ

女性がピカピカできれいなのは、ピカピカになるように努力の結果なんですぇ。

⇒ 全身から選べるなんて嬉しい♪19部位から選べる2箇所脱毛980円!

 

全身何でもできるエステと、脱毛専門のエステがあります。

 

痩身エステ

その名の通り、痩せるためのエステです。

マッサージなどのほかに、ラジオ波をあてたり、温めたり、時には冷凍したりして脂肪を排出させ、お客さんを痩せさせます。

食事療法を併用することも多く、食べたものを一覧にして提出する必要があるところもあります。

⇒ 痩身エステサロン【オリエンタル・スタイル】

痩身エステは一般的なエステ店ではほとんどのところで扱っています。

 

美顔エステ

美顔エステは他のエステをやっているところはほとんど扱っている美顔エステ。

きれいになりたいのはすべての女性の夢と言えます。

美顔エステ

 

メンズエステ

美しくなりたいのは、女性だけではなく、男性も一緒です。

そこで、男性用のエステも出現しました。

⇒ ≪メンズエステ≫なら男の美容メンズラクシア

価格の秘密

脱毛エステなど980円で「お試し」ができることが多い。

その昔は、エステ店に行くと施術されながら営業されるので、ほとんどの人が断れず気づけば数十万円の契約をさせられていた・・・なんてありがたくないお店もありましたが、最近では980円ならば980円だけ。

ただし、一部だけきれいになったら、もう一部、できれば全部、と思うのは女性に共通した美への探求心。

自分の懐事情に合わせて他の部位を頼む人も多い。

エステの原価

脱毛単体の場合、1度で終わることは少ない。

1回目に抜けなかった細い毛を、3か月後、半年後に再度抜くことになる。

通常1年に3回~4回行って完了する。

毛深い人なら1から3年くらいかかることもある。

その後、また毛が生えて初めてエステに戻る人もいます。

 

痩身の場合、やめるとリバウンドすると言うセールストークと、実際にそうなってしまうと言う恐怖心から長期エステサロンに通う人が多いようです。

 

エステの原価

エステの基本的なことが分かったことで、エステの原価をお知らせします。

エステの原価

エステサロンの平均的なお店の1か月の売り上げは、180万円。

お店では、オイルなど消耗品を多く購入しています。

その「仕入れ」が約60万円。

ここには加盟料も入っています。

 

エステで必須のスタッフさんは多くが女性です。

スタッフは2名雇っていると考え、月の人件費は約30万円。

 

お店の家賃は約15万円。

その他経費が約15万円。

ここには、電話や電気代、水道代などが含まれます。

 

利益は約60万円!

なんと利益率30%でかなり割のいい仕事なのです。

 

エステの商品

エステの商品(サービス)とはどんなものがあるのか?

美顔:1回3,000円~2万円

脱毛:1回4,000円~15,000円

痩身:1回3,000円~3万円

(それぞれお店により異なる)

 

このほか、年間コースを設定しているところが多い。

脱毛年間パス:回数無制限 30万円~50万円

痩身年間パス:50回分 20万円

 

年間コースやチケットの販売で1度に数十万円売り上げるので、キャッシュフローも優秀。

 

スポンサーリンク





コメントを残す