プリンタインクの原価|インク原価を知るとプリンタもインクも買えなくなる

年末年始に年賀状印刷を中心に大活躍のプリンタ。

毎年新しい機種がでてきます。

正直去年と今年の違いはあまりありませんが、不思議と毎年壊れます。

インクも意外に高いです。

これを何とかする解決方法があります。

スポンサーリンク





純正インクは高い

プリンターの純正インクは高いです。

1セット6000円くらいします。

プリンターはプリンターで15000円~20000円くらいします。

 

純正インクは高性能で安心なのかもしれませんが高い!

 

一方で安くて気軽に手軽に手に入るのが「互換インク」です。

驚くべきことに、1セット400円~600程度。

スポンサーリンク





純正インクの1/10です。

 

純正インクを1回買うお金で、互換インクならば、10回もインク交換することができます。

 

純正インクでないと、インク詰まりが起きると信じて絶対に使わない人もいます。

ところが、1個や2個使ってもインク詰まりは起きません。

 

10個や20個使えばインク詰まりが起きるかも??

10回もインクを交換したら、互換インクでも5000円~6000円かかっているでしょう。

新品のプリンターの原価

ところが、同じだけ純正インクを10回も交換したら約6万円かかってしまっています!

その差額で、プリンターの新品が3個買えてしまっています!

いや、4個かも。

 

そして、それぞれの新品のプリンターには、純正のインクが1セットついているのです。

 

互換インクを使うと、ちょいちょい新品のプリンターがきて、インクを使い放題というわけです。

 

⇒ 【楽天市場でエプソンの互換インクを見る】

⇒ 【楽天市場でキヤノンの互換インクを見る】

 

毎年新しくなるプリンター

毎年プリンターは新しいものが発売されます。

正直機能はほとんど変わりません。

それでも毎年毎年発売される理由、それは儲かるため。

プリンタのインク

毎年毎年売れる仕組みがあります。

 

まず最初に、インクを定期的に買ってもらうことで利益を確保

プリンターが定期的に壊れるようになっているので、プリンター自体も定期的に買われるようになっています。

 

「うそー」とか「そんなはずはない」と言われる方に、その裏付けもお知らせします。

 

インクの原価を知る

プリンターのインクの原価を考えてみましょう。

 

インクは原価20円~30円程度。

インクを納めている容器なども併せて100円~300円程度です。

 

それが「ぼったくり」と業界では非難を受けています。

ところが、イチから作ろうとしたら、いくらかかる事か・・・

 

製造原価と仕入れ原価は別です。

材料費がすべてとは限らないのです。

開発費や、売れ残った分などもインクの価格に転嫁されています。

もちろん、CMなどの宣伝費用も。

 

一方で、互換インクは一切宣伝しません。

開発もせず、インクを詰め替えるだけです。

 

正しい商品開発を助けるためには、純正インクを買い続ける必余があります。

しかし、自分の財布と相談すると互換インクも出番がありそうです。

 

プリンターは一定期間で壊れる

メーカーとしても対処策を準備済みです。

プリンターは一定期間で壊れます。

 

壊れると言うと、語弊があるかもしれません。

「廃インク満タンエラー」と言うのがあります。

 

プリンターは印刷するとき、プリンター内のスポンジ状の部分に余計なインクを吸い取っています。

ところが、一定以上の量が溜まるとこのスポンジを交換するようにエラーが出ます。

実は、溜まった廃インクの量を見ているのではなく、一定回数印刷したらエラーが出る仕組みです。

 

このエラーが出るとどうにもこうにもならないです。

修理に出すと1万円から1万5000円程度かかります。

新しいプリンターが買えてしまいますよね・・・

 

古いプリンターを1万円、1万5000円出して修理するよりも、新しいものを買いますよね。

これは回避策がありません。

私は、このエラーが出始めた時は、買い替えるようにしています。

あなたはどのようにして、プリンターと付き合っていますか?

 

スポンサーリンク





コメントを残す