CDの原価|いくらCDを買ってもアーティストに届くのは○円だけ

CDが売れないと音楽業界は嘆いています。

ところが2012年にはその日本のCD、DVDの音楽ソフト売上、有料音楽配信の売上がアメリカを抜いて世界一になりました!

肝心のアーティストはCDが売れるといくらもらえるのか!?

CDの原価も併せてみてみましょう。

スポンサーリンク





CDの原価

まずは、音楽CDの原価を見てみましょう。

音楽CDの3000円の内訳も併せてご覧ください。

CDの原価

CDの売り上げ、3000円のうち25%の750円は販売したレコード店の利益です。

何かと話題になるJASRACへの登録料が6%で180円。

 

レコード会社の取り分は、38.3%~43.3%で1149円~1299円

  •  広告宣伝費 15%、450円
  •  ジャケット製作費 5%、150円
  •  諸経費 15%~22%、450円~660円
  •  プロデュース料 1%、30円

 

原版印税が、15%~20%、450円~600円

著作権料 4%、120円

  •  作詞 1.5%、45円
  •  作曲 1.5%、45円
  •  歌手 1%、30円

 

製造原価 6.7%、201円

 

ちなみに、CD自体の原価は30円程度。

 

原価30円のCDに音楽を録音して、ケースに入れたら3000円です。

付加価値で100倍の値段に・・・

100円のコーラを1000円で売るどころの騒ぎではありません。

100円のコーラを10,000円で売ってしまっています。

 

ちなみに、小室哲哉やつんくのようにプロデュースしているプロデュース料が1%(30円)と言うのは安い気がします。

100万枚売れたとして、総売り上げの30億円のうち、3,000万円だけと言う事になります。

肝心のアーティストに届くのは「著作権料」となるでしょうが、4%の120円です。

CDの原価

作詞の人に1.5%の45円。

作曲の人に1.5%の45円。

歌っている歌手は1%で30円。

編曲の人は0円です。

いくらCDが売れても1円にもなりません。

 

コンテンツとして曲を作った人は、1%とか1.5%とかしかもらえないと言うことです。

30円とか、45円です。

儲かるのはレコード会社と言えます。

アーティストの利益

CDの販売

夢のCDデビューですが、いくらあればできるのでしょうか?

大手レコード会社の場合は、1枚のCDを作るのに最低でも2,000万円はかかります。

会社によっては、3,000万円程度かかることも。

 

インディーズ系の場合、背負うものが少ないので、500万円~600万円程度です。

 

何としてもCDデビューしたい人は、レコード会社から販売する場合は、3,000万円あればリリースしてもらえそうです。

インディーズで良ければ、600万円あればいいと言うことになります。

 

スポンサーリンク





コメントを残す